Hot Issue

> コミュニティー > Hot Issue
확대기본축소 프린트
Hot Issue - 일문 게시판
題目 Let's Look back the first test event.
作成者 江原道 作製日 2016-05-16 照会数 3776 電話番号
ファイル添付1 2016_test_event.jpg (272 Kbyte) ダウンロード : 1295

 

 

 

 

 

 

 

 


1.  2018平昌冬季オリンピック大会まであと2年、    最初のテストイベントを振り返る。

2. 第一、不可能を可能に! 「旌善アルパイン競技場」
    - 2018 Olympic Courses Get Thumbs-up     2016.2.9。ニューヨーク・タイムズの記事     「We had a great week here、perfect weather、     perfect conditions、and the slop looked really good。     Maybe downhill was not so difficult、but the super-G     was a really nice course and fun to race。"     <スーパーG勝者Janka>
   - 2014年に着工した旌善アルパイン競技場は、開始から環境破壊論議に     試合の関係者は、テストイベントの開催を悲観的に見ました。     しかし、休日まで返上しながら夜間工事を実施した結果、     「2016 FISアルペンスキーワールドカップ大会」を成功的に開催!     外信と参加選手たちは施設や競技運営について     満足な評価を発表しました。

3. 第二、韓国に一台しかない100トンブルドーザーで3年工期を3ヶ月に終える。
   - 普光スノースタジアムはコース新設、規模拡大の必要性に2015年7月、建設工事着工。   韓国に一台しかない100トンブルドーザーを利用し夜間延長作業に突入して2014年ソチオリンピックで     3年かかった工事期間を3ヶ月に短縮することができました。

4. そうなると,競技場が安全ではないのでしょうか?
   - 今回のスロープスタイル競技場は、様々な演技を広げることができるよう非常に創造的なコースとして設計されており、コースの安定性も高めました。参加した選手たちも反応が非常に肯定的でした。
    ∙"ここ韓国のコースは非常に面白い!私が乗ったコースの中で最も創造的だ "       (フリースタイルのスロープスキー、女性3位エマダルストロム選手)
    ∙"平昌コースは、私が乗ったコースの中で最も革新的なコースだ "
       (フリースタイルのスロープスキー、メグ・レイ・ウィリアムズ選手)

5. 第三、テストイベント成功開催の主役ボランティア
   - "私たちの地域を訪問するお客さんなので、快くおもてなししますよ〜"540人の平昌郡のボランティアセンターの方々は18〜28日まで平昌普光フェニックスパークでのテストイベント安定試合進行のために、各分野で大きな役割を果たした。

6. 第四、我が国の選手たちが国際舞台で技量を発揮。    - 2月旌善で開かれた最初のテストイベントに韓国アルペンスキー      国家代表キム・ヒョンテ選手がスーパー大会全種目に出場。     たとえ、42位を記録したものの世界のトップ選手たちと一緒に試合を行っただけでも、意味のある試合       でした。     アルペンスキー代表キム・ヒョンテ選手

7. 2月の一ヶ月にわたって開かれたテストイベントを振り返って
    - 世界的な選手団の訪問に江原道が心を一つに団結し、問題なく仕上げになることができました。江原道は今年の後半、来年に開催されるテストイベントで足りない部分を補完し、より良い競技進行姿をお見せするように努力します。

8. 希望と情熱がある江原道で2018年あなたを招待します。

2016_test_event.jpg