江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 EATOF10か国の地方政府、2018平昌!文化・観光オリンピックに協力
作成者 江原道 作製日 2016-11-04 照会数 791 電話番号

 

□ 第15回東アジア地方政府観光フォーラム(EATOF)の総会が、インドネシアのジョグジャカルタで3日間開催され、10か国の地方政府代表団が参加して成功裏に終了した。

 

□ 今年で16年目を迎えたEATOF知事・省長会議には、会員地方政府の民・官・学界の代表が集まり、実質的な文化・観光友好協力方案と相互間の観光の発展・拡大のための協議が行われた。

① 2018平昌冬季オリンピックやG-1オリンピックフェスティバルの文化公演の支援など、EATOF会員地方政府が主催する行事・文化公演を積極的に支援 

② 2018(平昌)~2020(東京)~2022(北京)オリンピック開催国の応援ツアー商品の開発とグローバルサポーターズの運営に積極的に参加

③ 会員地方政府の若い世代のEATOF事業への主導的参与を支援 

④ 2018年EATOF総会の開催地の選定など、7項目の共同宣言文の採択・発表 

 

  ○ 今回のEATOF総会では、9か国のEATOF知事・省長代表団の「2018平昌!EATOFサポーターズ」の発隊式と共に「Together!平昌」の観光商品の開発など、2018平昌冬季オリンピックの開催を成功させるための北東アジア地方への政府次元の積極的な支援を約束した。

 

□ 崔文洵(チェ・ムンスン)江原道知事は 

   「16年の間私たちが蓄積してきた10か国の地方政府との信頼と友情は言葉では言い表せないくらい貴重で価値あるものであり、EATOF会員国の“2018平昌”の成功を祈願する熱い情熱と支援を2020年の東京と2022年の北京オリンピックまで保ち、今後EATOF地方政府間の協力が“アジア地方間協力のモデル”となるよう積極的に支援する計画」であると語った。