江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 平昌冬季オリンピックの「記念硬貨」、初公開
作成者 江原道 作製日 2016-09-30 照会数 714 電話番号

 

□  組織委員会は9月22日にソウルで、2018平昌冬季オリンピック大会と冬季パラリンピック大会の1次記念硬貨の公開行事を開催した。この日発表された記念硬貨は韓国のみならず海外にも公式企業6社を通じて発行量の30%が販売される予定で、韓国での予約受付後の残量は海外に追加で割り当てる計画である。

 

□ 詳細は31.10gの金貨4,500枚と15.55gの金貨15,000枚、8種類の銀貨200,000枚、黄銅貨71,000枚である。  

      

  ◯ 30,000ウォンの金貨には、韓国ならではの伝統的なスキーである「コロセスキー」がデザインされた。

     

  ◯ 20,000ウォンの金貨には、平昌アルペンシアスタジアムとスキージャンプの場面が、見る角度によって違って見える「潜像(Latent)」という新技術を用いてデザインされ、  

 

  ◯ 8種類の5,000ウォンの銀貨には、冬季スポーツのスピーディーな瞬間が雪の結晶をバックにしてデザインされた。

     

  ◯ 1,000ウォンの黄銅貨には、冬季オリンピックの7種目が全てデザインされた。

  ◯ 全ての記念硬貨の裏面には、2018平昌冬季オリンピックのエンブレムがデザインされた。

 

□ 平昌冬季オリンピックの記念硬貨は、去る2月にドイツのベルリンで開催された「2016ワールドマネーフェア(World Money Fair 2016)」の際に海外で公開された。海外貨幣業界の従事者らは「韓国的な風情と新技術、そしてダイナミックなスポーツが表現された最もオリンピックの記念硬貨らしいデザイン」であり、「所蔵すべき価値がある記念硬貨になるものと期待する」という反応が多かった。