江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 江原道内の海水浴場で砂の清潔さと優秀性を確認!
作成者 江原道 作製日 2015-07-16 照会数 1164 電話番号

□ 海水浴場の砂の清浄度と特性を調査して、江原道内の海水浴場の安全度と優秀性を広報し、砂を科学的に管理することにより利用客の健康と安全の満足度を強化しようとしたもの。2014年11月から2015年5月まで、14か所の海水浴場の砂を4回ずつ採取し、海開き前に清浄度と特性を分析・把握した。

 

□ 調査の結果、江原道の海水浴場の砂は、海水浴客の選好度が高い中間の大きさ(粒径0.3〜0.5㎜)の砂が89%以上と非常に高く分布し、微砂(0.063㎜以下)は0.15%、極粗砂(砂利、2㎜)は1%未満であった。微砂含有量が少なく、通気と水捌けがいいという衛生的な特徴を持っており、貝や木の破片以外の人工的な異物は0.8個/kgであった。ガラスの破片は14か所56個の試料のうち、1個が観察され、安全な状態であることが確認された。

 

□ 重金属の場合、六価クロム・カドミウム·水銀は検出されず、鉛は基準の1/20、ヒ素は1/4、水素イオン濃度(pH)は6.7で中性である。

     ※適用基準:「海水浴場の利用および管理に関する法律」の環境安全管理基準、六価クロム(5mg/kg)、カドミウム(4)、水銀(4)、鉛(100)、ヒ素(25)