江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 世界2大経済フォーラムのラウンドテーブル、ピョンチャンで開催
作成者 江原道 作製日 2014-12-29 照会数 1136 電話番号

ピョンチャン(平昌)アルペンシアコンベンションセンター、24か国300人が参加

 

世界で2番目に大きい経済投資フォーラムである世界イスラム経済フォーラム(World Islamic Economic Forum)の経済投資ラウンドテーブルが12月14日から16日までピョンチャン(平昌)アルペンシアで開催された。

 

今回の経済投資ラウンドテーブルは、26か国164の機関・企業281人(国外25か国85社127人、国内79社154人)の金融関係者と企業関係者が参加し、「金融」「食品・観光産業」および「不動産開発・投資誘致」に対するテーマ発表と討論、ビジネスミーティングが行われた。

 

今回のラウンドテーブルでチェ・ムンスン江原道知事は、アブダビ商工会議所理事兼アラブ首長国連邦経済人協会のサナド・アル・メッバリ(Sanad Al Meqbali)会長と農・水産業、食品、医療、教育、貿易・投資や観光などの経済分野での交流を活性化するための業務協約を締結し、「今回の業務協約を通じて来年からはアラブ首長国連邦との経済交流が本格化するものと期待している」と述べた。

 

今回の世界イスラム経済フォーラム経済投資ラウンドテーブルのピョンチャン(平昌)での開催を契機に、カンウォン(江原)道は中東、北アフリカ、東南アジアおよび中央アジアなど、イスラム圏の主要国への輸出など経済協力において、迅速に主導権を握るものとみており、また、金融資産や金融市場が最も急速に成長しているイスラム圏と金融協力および経済協力に通じて創造経済の動力を確保する一方、地域経済の成長にも活力を吹き入れる見通しだ。