江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 江原道知事、再生可能エネルギー分野初の海外セールスの成功を期待
作成者 江原道 作製日 2014-09-01 照会数 1180 電話番号

- トゥブ県知事、9月中㈱グリーンサイエンスとKDパワーの技術代表団の公式招請 – 道内で環境にやさしいエネルギー産業のグローバル化をリード

□ 8月4日、江原道の再生可能エネルギーの代表企業を訪問したバヤルバ
トトゥブ県知事は、㈱グリーンサイエンスのプラズマ発電技術と太陽光
発電機に対して深い関心を示し、9月に企業の代表団一行を公式招請し
た。

□ 現在のトゥブ県に建設中の新空港が2016年に完成すれば3千人の小規模の背後都市があちらこちらに造成される見通しで、トゥブ県知事は、㈱グリーンサイエンスの太陽光発電を導入したいとの意向を強く表明した。

□ また、春川市南山面のKDパワー工場と製品を見て回り、品質保証されない中国製の電気製品に比べて価格、耐久性(20年)、保証期間(5年)などが格段に進んだ当道の製品の輸入を提案した。

□ さらに、輸入時に3倍以上も高いサンドイッチパネルを現地の工場で生産し、これを活用した仮設の建物の屋根にソーラー暖房システムを導入し、電気、暖房、水道などが総合的に完備された低価の普及型公共施設(販売店、警備室など)も追加して議論することを要請した。

□ 特にモンゴルは、火力発電などに代替する環境にやさしいエネルギーの開発及び導入を国家的課題としているだけに、チェ・ムンスン江原道知事の今回の輸出の提案が適期に行われ、また、初の海外セールスが大きな成果を目前に控えることとなった。