江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 江原道、ロシアのハバロフスクに空の道、また開かれる
作成者 江原道 作製日 2014-09-01 照会数 1269 電話番号

- 襄陽国際空港、北方経済時代への進出をリード‐

 

□江原道は来る10月1日から『襄陽国際空港からロシア極東地域のハバロフスク、ウラジオストクなど2つの都市を結ぶ国際航路が新たに開かれる』と明らかにした。

□江原道はチャーター機事業者であるロシア㈱メガツアーと襄陽国際空港とロシアハバロフスク間の新規航空路線を開設することになり、最近の運航協定締結により襄陽国際空港のロシア路線は2つの路線に拡大される。

□今回の路線の運航は
○運航期間は2014年10月1日から2015年1月31日までの4か月間運航し、2015年2月の1か月間は運航を停止して3月から運航を再開する。

○航空会社はロシアヤクーチア(サハ)航空で、91人乗りの航空機である。
○運航周期は路線別に週1回、ウラジオストク路線は3泊4日の日程で、毎週水曜日に運航し、ハバロフスク路線は4泊5日の日程で、毎週土曜日に運行する。

○運航回数は合計36回、72便で、利用客は6千名が予想される。

□旅行日程は、
○ロシアの観光客は7泊8日の間、江原道や首都圏で宿泊して帰り、
○韓国の観光客は、
- ハバロフスク商品は4泊5日で、ハバロフスク到着、観光後、シベリア横断鉄道を利用してウラジオストクに行って観光した後、韓国に帰って来る。
- ウラジオストク商品は3泊4日で、ウラジオストクに到着、観光後、シベリア横断鉄道を利用してハバロフスクに行って観光した後、韓国に帰ってくる。