江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 江原道、中国の文化交流レジャー体験観光客が大挙訪問
作成者 江原道 作製日 2014-06-24 照会数 1118 電話番号

- トラッキング大会、高齢者や青少年の文化交流など体験型の観光客約2,000名が訪問

□ 江原道は、来る6月14日から二日間、束草で開催される「第10回雪岳山歩こう大会」に遼寧省、ハルビン、広東省地域の約130名の中国の徒歩愛好者が参加することを明らかにした。
 
□  江原道は、最近中国の経済成長により余暇や健康への関心が増加しているという点に着目し、今年4月、韓国観光公社と共同で、中国遼寧省地域のトラッキング同好会の代表団を招待し、ファムツアーと現地広報活動を展開して今回のトレッキングの愛好家を誘致することとなった。また、6月29日〜30日には中国上海の高齢者協会の高齢者約600名が原州で開催される「第4回韓・中高齢者の輪フェスティバル」に参加するために江原道を訪問する。
 
□  今回の「韓・中 高齢者の輪フェスティバル」のイベントは、2011年から江原道で行われている中国のシルバー観光客誘致のために開催する行事で、両国の高齢者間における歌や踊り、楽器演奏などの芸術公演や文化体験行事を兼ねたプログラムで、両国の高齢者たちに好評を得ている観光商品でもある。
 
□ このほか、江原道では夏休みを迎えた中国の青少年を対象に、7月1か月間「2014夏季 韓・中 青少年文化交流キャンプ」を春川、原州、江陵で3回開催し、中国の修学旅行団1200名余りが訪問する計画だ。
 
□ 江原道では、一般の団体観光客よりも費用の多いレジャー同好会や文化体験観光団の誘致が国内の観光オフシーズンに道の地域経済の活性化や中国内の江原道に対する認知度の拡大に大きな役割を果たすものと見ている。
 
□ 江原道の関係者は「中国の経済発展と余暇文化の普及に様々なレジャー活動や文化(体験)観光に対する認識が拡大していることにより、江原道の清浄観光資源や国際レジャー大会、文化交流活動と連携した高付加オーダー型体験商品を継続的に開発し、中国の観光客の誘致拡大のためにさらに努力する」とした。