江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 江原道庁公務員の分かち合いウイルスで江原道は寄付天国に!
作成者 江原道 作製日 2014-04-30 照会数 1177 電話番号

江原道は公務員の寄付文化を活性化させて生活化するための「“始めよう!江原、幸せの分かち合い実践誓約式」を41()本館議室で行い、地域社散させる計

 

江原道は地域社の痛みや困難を共に分かち合おうという主旨で、去年から寄付金積立運動を展開して来た。

職員の給与の端数を集めて積立てる与端数集め運動”、庁舎食堂で

ったおかずを分ける値段を自律的に積立する幸せ2ウン、行政イントラネットを

通じて分かち合いキャンペンに寄付する分かち合いコックを運

その結果、職員は寄付に対して何の違和感もなく、徹底的に個人の自律性により

的に行われて現在寄付金4千ウォン余りが積立された。

今年初めには日本軍慰安婦被害者のお年寄りへの支援、道際訓練機インドネシア修生の手術費緊急支援、保育園児お遊びプログラム及び療養所のお年寄り活動プログラムの支援など、必要とされる所に意味のある使い方で地域社に貢する初の成果を成した

 

今年度は公務員寄付文化散の2年目に入り、寄付活性化のために定期寄付の推進、公務員寄付の道民公開、寄付金配分の定例化を推進する。

 

定期寄付の推進は自律的な意思による加という前提を守りながら

月定額を持続して積立し、安定した寄付金を造成する。また、公務員の

寄付活動を4月からホムペジに公開し、寄付のしさを散させ、積立金を

施設に透明な手きを経て支援できるように分期別に配分・支援する計

 

今後、2015年までは公務員を中心に始まった寄付が、地域社にまで散できるよう江原道型の寄付文化を構築して行く計

 

江原道は今後とも多で実践しやすい寄付方案と果的な道民支援実践方案を通じて、江原道の公務員一人一人が分かち合いの実践えるウイルスとなり寄付が習慣になり分かち合える生活ができる社的システムの構築をリードしていく計