江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 江原道、持続可能な環境にやさしい畜産業の実現のため、畜産農場の環境改善に積極的に乗り出した。
作成者 江原道 作製日 2014-02-27 照会数 1183 電話番号

□江原道は、これまで環境・社会的配慮が不足した畜産業が、適切な飼育環境で高品質の安全な畜産物を生産し、同時に環境を保全する産業に転換されるように畜産農場の環境改善に積極的に乗り出すことにした。

□まず、畜産に対する否定的イメージ改善のため、畜産農場の環境改善事業を推進する。道内18ヵ所の農場に360百万ウォンを支援して花壇の造成、植樹、庭石積み、地標整理、畜舎ペンキ塗りなど畜産環境改善により、きれいで美しい環境にやさしい畜産基盤を造成していく

□また、畜産施設と飼育環境改善における'自然と共存する畜産'に転換する動物福祉型畜産農家の育成に300百万ウォン(2箇所)を支援する。動物福祉型畜産農家の支援を受けた農家は、事業完了後1年以内、動物福祉畜産農家認証を獲得することで、親環境的飼育モデルを樹立していく計画だ。
  ※動物福祉型畜産農場認証制とは?:高い水準の動物福祉基準によって、     人道的に動物を飼育する農場に対し、国家が認証して認証農場で生産     される畜産物に'動物福祉畜産農場認証マーク'を表示することになる     制度(江原道認証の現況:、産卵鶏5農家)

□江原道は畜産農場環境改善における、環境にやさしい畜産業実現により、環境負荷を最小化しながら道民と共存・調和が可能になり、消費者信頼度の確保はもとより、畜産業の競争力も持つことができるだろうと明らかにしながら、環境にやさしい畜産業の実現のためには、畜産農家の関心が大事なほど積極的な協力を要請した。