江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 江原道の有名冬祭り(ファチョンのヤマメ、インジェのワカサギ)の安全性を確認
作成者 江原道 作製日 2014-01-29 照会数 1379 電話番号

□ 江原道の保健環境?究院は、

      ○ 今年1月中に開催され、韓?全?からの?光客誘致や地域??活性化の一翼を?う冬の祭り、華川(ファチョン)の「ヤマメ祭り」
と 麟蹄(インジェ)の「ワカサギ祭り」に提供されるヤマメとワカサギの人?への安全性を確認するために、
有害物質であるマラカイトグリ?ンおよびメラニンの汚染、腸?寄生?の感染の有無を調べ、その結果を該?機?に通知した。

      ○ 「ヤマメ祭り」は、17社から納入されたヤマメに?して、マラカイトグリ?ンおよびメラニンの使用有無をテストした結果、
すべての試料から該?の物質が?出されていないことが確認できた。マラカイトグリ?ンは、養殖水槽の水カビ?生を抑制する目的で使われるもので、
メラニンは飼料などに使われる可能性がある。これらを人が?取した場合、?取量によってはガン?生の危?性が知られているため、使用が禁止または制限されている有害物質である。

      ○ 「ワカサギ祭り」は、 麟蹄郡?昭陽湖に生殖している約200匹のワカサギに?して、人?に有害な肝吸?をはじめ、
腸?寄生?の感染有無をテストし、感染の事?がないことを確認した。ワカサギの寄生?感染問題は、2000年代初頭、
韓?の有名大?の寄生???室において、麟蹄郡の「ワカサギ祭り」に提供されるワカサギから肝吸?が?見されたという報道があり、
注目を浴びた。しかし、2003年と2004年に、韓?疾病管理本部と共に5回にわたる昭陽湖に生息する約3000匹のワカサギを集中調査した結果、
肝吸?など腸?寄生?に感染していないことが確認され、祭りは成功した。その後、?年の祭りの時期に合わせ、ワカサギの寄生?感染の有無を確認して資料を提供している。