江原ニュース

> コミュニティー > 江原ニュース
확대기본축소 프린트
일문-공지사항 게시판
題目 江原道の冬 - 外国人観光客31万2千人がやって来る!
作成者 江原道 作製日 2014-01-02 照会数 1223 電話番号 null

□ 江原道の代表的な冬の観光商品であるスキーや冬の祭りなどの本格的な開始に応じて、道内の7つのスキーリゾートを予約した外国人観光客が312千人に達すると集計された。

□ 冬のスポーツと観光とエンターテイメントが結合した江原道の代表的な外国人観光客対象の冬の観光商品である「ファンスキー·ルースキーフェスティバル」も今年の参加者数が過去最高を記録すると予想される。
  ○ 香港、シンガポール、台湾など東南アジア主要国と中華圏で主に参加     している「ファンスキーフェスティバル(Fun Ski Festival)」とロシア沿海州地域で
    主に参加している「ルースキーフェスティバル(Ru-Ski Festival)」は12.13日から
    2014年3月まで龍平とハイワンリゾートで、全18回に渡って開催される
    予定である。
  ○ 今年は、タイ、台湾、インドネシアなどスキー市場が形成されていなかった東南アジア
    国をターゲットに、雪ゾリをテーマにした「スノーチューブレースフェスティバル
   (Snow Tube Race Festival)」を新規に立ち上げて、昨年とは異なる、より
    多彩な体験商品を運営する予定である。

□ 海外スキーの観光客の訪問が増えた理由は、
  ○ 2018平昌冬季オリンピック誘致に起因する江原道の認知度の向上。
  ○ 冬のない東南アジア地域をターゲットにファンスキー、ルスキーフェスティバルのような
    戦略商品の運用と道内の冬の観光資源を集中的に広報してきた結果
   日本、東南アジア、中国のスキー観光の需要が徐々に増加したこと。
  ○ このような、冬季観光商品の安定した運営を通じ、道内の冬の祭りと 
    連携など、道内滞在期間を促進させることで、地域経済の活性化はもちろん、
    参加者の安定した再訪問を誘導するためであると分析される。

□ 江原道文化観光体育局長は「冬の観光客が増加するにつれて、
  アジアの代表的な冬の観光地として浮上している江原道のイメージを世界市場に一層浮上させて、
  効果的に海外市場に促進するためのマスコミ·旅行会社対象ファムツアーの実施などの広報、
  マーケティングをより一層強化していく」と明らかにした。