白頭大幹

> 歴史と文化 > 白頭大幹
확대기본축소 프린트
Baekdu Daegan

“白頭大幹 !”

その名を聞いただけでも私たちは白頭山を思い浮かべ、豊かな精気と威容を感じ、自然と気分がよくなる。白頭大幹という言葉を聞き慣れない人でさえもそう感じるのは、昔から韓国民族の精神世界の内面に綿々と流れる、白頭山に対する独特ながらも共通の情緒があるからであろう。

白頭大幹とは『白頭山から始まる大きな山脈』という意味であり、白頭山に始まって智異山に至るまで、水の流れに切られることなく続き、国土の背骨をなしている山脈を示す固有名詞である。白頭大幹は白頭山を神聖視し、数多くの山の中でも最高の山であると考えられることから起きた地理的概念であり、この地を代表する山脈の名である。

白頭大幹とは『白頭山から始まる大きな山脈』という意味であり、白頭山に始まって智異山に至るまで、水の流れに切られることなく続き、国土の背骨をなしている山脈を示す固有名詞である。白頭大幹は白頭山を神聖視し、数多くの山の中でも最高の山であると考えられることから起きた地理的概念であり、この地を代表する山脈の名である。