政策の背景 - 江原道の地政学的特性

  • 世界の中の唯一の分断国家、その中で唯一の “分断道”
  • 分断で江原道が経験した “発展の制約” という現実的な問題
  • “平和の海” に変貌しつつある東海を巡る国際情勢の変化
  • 江原道民たちの“他の人よりも人一倍強い統一への願い”

政策基調

“国家レベルの大きな枠' の中で '分権的 · 微視的にアプローチ' ― 国家政策に能動的に寄与”

  • 地方政府の垂直的な参与、民間 · 社会団体の水平的参与 (分権的アプローチ)
  • 地方単位の小さいが実質的な交流協力を通じてより大きな役割を遂行 (ミクロ的アプローチ)

基本原則

“共同参与 · 実践可能性 · 実質的協”

  • 長期的な観点で南北江原道の共同繁栄と利益を図る
  • 南北交流 · 協力事業の合目的な名分と実利の同時追求
  • 汎道民的合意と共感を土台に推進