6大生活圏戦略

> 政策案内 > 江原 7+6プラン > 6大生活圏戦略
확대기본축소 프린트

推進背景

  • 江原道の地政学的 · 地形的与件を考える場合、南北関係、環東海圏、東北アジアにおける与件の変化を考慮し ない江原道の長期発展戦略は無意味である。
  • したがって、対内外的な状況の変化に対応して地域の特性を考慮した均衡発展を促進するために、交通網と資 源潜在力中心の7大ベルト概念発展成長軸と生活圏中心の特性化されたネットワーク型6大圏域を中心として特化 発展を目指す “江原 7+6プラン” 戦略を本格推進。

6大生活圏戦略

  • 道の発展過程、開発軸、地域別の機能および土地利用の特性、住居環境、自然環境および生活環境与件などを考慮し、地域の特性に沿って空間化、自立型地方化を志向する生活圏の育成。
  • 地域発展の側面から基盤施設の個別化を防止し、各生活圏が相互ネットワークを造成することで共に発展するように誘導。
  • 中心都市を中心に比較的、独自的産業基盤を持つように誘導し、“経済的発展も · 暮らしの質や職場なども” 生まれ変わるための戦略として発展。
  • 生活圏における内部都市体系の凝集力の形成と成長軸の形成促進を目標として 6大圏域を設定。
Seven Growth Axes