7大発展成長軸戦略

> 政策案内 > 江原 7+6プラン > 7大発展成長軸戦略
확대기본축소 프린트

推進背景

  • 江原道の地政学的 · 地形的与件を考える場合、南北関係、環東海圏、東北アジアにおける与件の変化を考慮し ない江原道の長期発展戦略は無意味である。
  • したがって、対内外的な状況の変化に対応して地域の特性を考慮した均衡発展を促進するために、交通網と資 源潜在力中心の7大ベルト概念発展成長軸と生活圏中心の特性化されたネットワーク型6大圏域を中心として特化 発展を目指す “江原 7+6プラン” 戦略を本格推進。

7大発展成長軸戦略

  • 成長軸内での地域特化と資源の効率的配置のために拠点地域に資源を集中させ集積の効率化を確保。
  • 都市と都市、地域と地域、両方向交流を通して地域ごとの専門性による新しい成長機会の創出。
  • 都市間連係網の構築と地域間の特化発展を通じて拠点機能都市を育成し、江原道全域を活気に溢れた生活の場と して造成するために大動脈の役割を果たすベルト概念成長軸の形成。(首都圏と行政中心複合都市、そして新都市建設に対応する戦略軸としての機能。)
7大成長軸の主な内容
春川~原州間の中央高速道路軸 “首都圏1日産業 · リゾートベルト” · リゾートベルト”
  • 西海軸、東海軸、南海軸をつなぐ国土中央内陸の大動脈として首都圏と連係。
  • 鐵原-春川-洪川-橫城-原州をつなぐ中央高速道路軸を首都圏と連係させた清浄知識基盤産業軸に造成。
  • 企業新都市 · 田園リゾート新都市 · 革新都市建設、戦略的な公共機関の移転などを通して拠点都市機能を強化。
  • 国土内陸の物流、歴史、文化の中心地、新産業創出の拠点地帯、首都圏と行政中心複合都市として連結。
原州~江陵間の嶺東高速道路軸 “国土中央産業 · レジャー · スポーツ · 観光ベルト”
  • 北朝鮮および中国大陸、首都圏と全羅道をつなぐ西海軸と東海軸の連結、東海軸を通ってロシア、日本、北朝鮮と連結、行政中心複合都市との連係。
  • 国家基幹道路網の東西3軸のうち、江原道区間である鐵原-春川-洪川-橫城-原州を中心とする嶺東高速道路軸を冬季スポーツ、オールシーズンレジャー · スポーツ、産業•研究活動と住居空間が調和したリゾ-ト地帯として形成。
  • 東西物流軸の機能強化、冬のスポーツバレーの造成など、国際レジャー · スポーツ基盤の拡充、革新都市の建設による産業拠点機能の強化。
  • 冬季スポーツと関連したリゾートの集積、産業軸および田園住宅 · ペンション団地の形成、行政中心複合都市の建設、その後は現首都圏および未来の首都圏を環東海圏として連結。
廃鉱地域 “高原観光 · リゾート地帯”
  • 行政中心複合都市との連係およびロシア、北朝鮮、日本をつなぐ東海軸ネットワークとの連係。
  • 国家基幹交通網である東西4軸 (平澤-陰城-寧越-三陟) に沿った炭鉱文化と自然環境を利用したリゾート休養地帯を造成し、
  • 先端農業などリゾートと関連した産業の育成を通して江原南部の拠点軸として育成。
  • - 新 · 再生エネルギー産業、環境保存 · 復元事業および忘れられていく生活現場の保存 · 復元事業の推進。
  • 廃鉱地域を中心に国民用カジノと炭鉱地域振興地区事業の推進、忠淸圏に新行政首都が建設される場合は、牙山-梯川-三陟 · 東海間の高速交通網の拡充。
東海岸 “環東海物流 · 観光ベルト”
  • 環東海軸はロシア、北朝鮮、日本を連結する東海軸の中央地帯として大陸と海洋に向かうネットワークの強化により関門としての機能を遂行。
  • 国家基幹交通網である南北7軸に沿って南北と大陸を連結する海洋産業観光ベルトを造成し、海洋資源と先端産業を融合した新海洋産業の育成。
  • 空港と港湾の機能および南北交通網の拡充、物流団地の建設などを通じた南北物流軸機能の強化、環東海観光軸機能の強化。
  • 襄陽国際空港の活性化、金剛山観光の活性化、雪岳-金剛 “国際観光自由地帯” の 開発、東海 ‘自由貿易地域’ の開発、景観 · 文化を体験する文化観光商品の開発、美しい東海岸造成事業を通した東海岸景観の形成。
隣接する地域 “韓民族平和 · 生態地帯”
  • 統一国土の西海軸と東海軸の中央地帯を連結軸として生態資源の宝庫。
  • 国家基幹交通網である東西1軸(古城-襄陽-華川-ソウル-仁川)で南北交流機能の特化と韓民族平和生態ベルトの造成。
  • 南北物流基地の建設、国土中央地帯としての象徴および機能強化などを通して世界的な平和 · 生態地帯として育成。
  • ‘韓民族平和市(仮称)’ の建設、韓民族平和文化プラザ)、平和生命公園、南北交流タウン · DMZ博物館、国土中央点、水資源交流連係事業などの戦略事業の推進。
春川~襄陽間の東西高速道路軸 “清浄産業 · リゾートベルト”
  • 首都圏と東海圏を連結する最短距離の軸として江原道行政の中心。
  • 東西高速道路軸の広大な水資源と山岳資源、清浄産業の育成とリゾート機能の強化、首都圏周辺の清浄産業リゾートベルトの造成、首都圏のベットタウン機能の移転推進。
  • 環境に優しい湖観光ベルトの開発、春川を名品都市に造成、麟蹄を冒険 · レジャー · スポーツの都市に造成、襄陽の物流および交流拠点機能の強化。
白頭大幹 “生態 · 山林 · リゾートベルト”
  • 国土の東と西、そして嶺東と嶺西を連結する際に障害要因であった白頭大幹を生態資源の潜在力を基に江原道の成長管理に活用。
  • 白頭大幹を生態 · 山林リゾートベルトとして造成することにより、韓半島の自然生態観光の拠点とし、都会に住む人々の自然生態の体験の場、生態資源の育成と活用拠点として育成。
  • グリーン · ツアーリズムの活性化と ‘新しい農漁村建設キャンペーン’ 事業の推進により、山村の村を都山交流の観光スポットとして育成、環境保存事業の推進。
Seven Growth Axes